ごあいさつ

  • 2017年、任意団体として国産珈琲生産者組合連合会が発足し、すぐに名称を、鹿児島県産珈琲生産協会と改めました。

     

    “「鹿児島を一大コーヒー生産地に」”

     

    鹿児島県では、コーヒーの木が栽培されています。

     

    鹿児島県産珈琲生産協会(KDCA)は、鹿児島県産コーヒー生産者、生産希望者、生産元の地域社会、鹿児島県産コーヒー消費者など、”鹿児島県産コーヒーにつながる人々のサポート”を目的に様々な活動を行っています。